検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

夢が夢なら

夢が夢なら

  • 歌手:
    小沢健二
  • 発売日:
    1996/11/29
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 26,542
 
銀河を見上げる冬の小径 色とりどり擦れ違うダウン・ジャケット
ボートを漕ぎ出す波の上に 洗った様な月が光るね

ああ 夢が夢ならそれでも構わない
萌え立つ霧と密の流れる波をたゆたう姿

口笛を吹こう今は4月 市場を通り目を閉じてみる
掠める気持ちはツバメのように 4月の空はダイヤモンド

岸辺に立つ緑若く5月 電車のガラスは涼しげなスクリーン
真っ白に嵩張る雲の流れ 映し川を越えてく私鉄

七夕を越えて幾つも night&day 波が寄せて返す夕暮れ
花やかな夏の酔いにまかせて いっそ華火でも行きたいね

ああ 夢が夢ならそれでも構わない
萌え立つ霧と密の流れる波をたゆたう姿

嵐のあとに散らばる楓 踏みよけながら駅まで急ぐ
坂道を下り降りてすぐに 汗をかいた額 打つ風

夏から秋へと空は高く はっきりと今僕には判る
僕はあなたに逢えたことを ずっと幸せに思うはず

ああ 君が居た頃のことを思わない
僕は一人で生きることを学ぶさと思いながら

霜の降りた朝街を歩く 恰好つけずにいようとちょっと思う
木洩れ陽が織りを返す小径 その先に僅かに見えるね

ああ 夢の彼岸まで高く架かる橋
萌え立つ霧と密の流れる波をたゆたう姿

クリスマスが近づく場所で 元気に挨拶を交わしたい
爽やかな冬の酔いにまかせて 力強く時に悲しく

緩やかな円を描くように 僕らの息・吐息交差する
手をのばしそれをそっと握り 誰かと舟を進めてゆく

対岸の灯り眺めながら 往きつ戻りつ往く夜舟を