Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

狩猟令嬢ジビエ日誌

狩猟令嬢ジビエ日誌

  • 歌手:
    ALI PROJECT
  • 発売日:
    2015/09/09
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 6,465
 
領地の外れの森
あなたと狩猟小屋へ
漆喰の長い部屋
鷲の剥製が迎える
ヴァニタスの絵を飾り
その横には牡鹿の首
去年の秋のわたしの獲物

銃身 中を磨く
手入れは怠らぬよう
少しでも錆び付けば
名うての腕前も鈍る
のし掛かるこの重み
抱えるときの恍惚を
今日はあなたに教えてあげる

薬莢 詰めたら
向かえケモノ道
木立横切ってゆく影に
音を立てず近づく

滾ってゆく血は
この体に巡れる
野生の証なのか

息を殺し構えよ
さあわたしの右目が
神になる瞬間
銃声 衝撃 命中

ナイフで喉を切って
血を抜く 禽は羽を
獣は皮剥いで
骨に沿って腹を裂いて
あたたかな内臓を
傷つかぬよう抉り出す
これが生命 恵み 源

猟犬(いぬ)にも与えよう

料理人はいない
猟師のように肉を捌き
鉄の鍋で煮込もう
その間あなたと
くべる暖炉の前で
番う動物になる

ほてった肩に牙を
ふるえる脚に爪を
こぼれる葡萄酒
あふれる肉汁 饗して

有り難く食べる
一滴も一欠片も
残さぬよう体へ

わたしたちはまた
これで一生の中の
尊い一日を生き

満たされる悦びを
繰りかえす渇望を
自然の畏れを
つながる己を

大地の上いつかは
追われ伏したこの身が
運命という矢に狩られる
最期の日まで