Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

凱歌

凱歌

  • 歌手:
    FictionJunction
  • 発売日:
    2014/01/22
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 13,530
 
やがて途絶えた道の
向こうに淀むものを
その重さだけ
声も無く知っていました

かりそめの朝
偽りの歌さえざえと
僕らの喉を鳴らした
無惨な凱歌

こんなに蒼くまだ蒼く月が光るから
夜は秘密を守れずに唇を濡らす
まだ永久に閉ざされた数多の扉を
届かぬ闇のその中に
隠して下さい

時を運ぶには小さすぎる舟でした
舵を流して
ただ波を漂いました

春の喘ぎが憧れを育む頃に
傾きながらよろこびを歌い続けて

ちりちり瞬く
冷たい鈴の音
瞳の深くに
花火を灯して

モノクロで描く
研ぎ澄まされた絵のように
心を削いで
その骨を晒せる日まで

ただひとときを生き残るために歌ってる
何も持たない僕たちの不器用な凱歌
まだ永久に閉ざされたこの胸の中に
ノイズのような音ばかり散り散りに響く

夢より甘くまだ甘く
夜の旋律は
遠くなるほど近くなる
静寂の調べ

こんなに蒼くまだ蒼く月が光るから
傾きながら切れ切れに
僕たちは歌う