Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

最後の宿題

最後の宿題

  • 歌手:
    cali≠gari
  • 発売日:
    2012/01/11
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 13,122
 
夏の終わり。
僕たちは旅をする。
初めての悪戯、そう、怖い旅だ。
時間が約束を刻んで攫い、
僕たちは大人になる。

今にして思えば、不自然で居心地の良い距離。
その日がいつだったかはもう覚えていない。
だから、知らない振りで過ごす、そんな毎日。
知る事が怖かった。

蔦の絡まる雑居ビル。
青く! 碧く!
空と君と僕だけの場所で、
共犯者たちは手を翳す。

夏の終わり。
僕たちは旅をする。
後には引けない、そう、怖い旅だ。
言葉だけじゃ足りない。
焦がれる想いに、
僕たちは大人になる。

例えばその日は前触れも無く、唐突に訪れる。
『怖いよ。でも、待ってる。』
外は夜と朝が貪り合っていた。
僕は、ただ、走った。

非常階段、駆け上る。
高く! 早く!
汗ばむシャツで風を抱いたら、
不意に奪われて―――――僕たちは接吻をした。

夏の終わりは僕たちをおかしくさせる薬なんです。
駄目なんです。
汚れることが美しいと教えてくれた紫の夜明け前。
最後の宿題。

夏の終わり。
僕たちは旅をする。
薄暗い無邪気、そう、怖い旅だ。
惰弱な約束が薄弱を誘い、
僕たちは―――――。

夏の終わり。
僕たちは旅をする。
初めての悪戯、そう、怖い旅だ。
時間が約束を刻んで攫い、
僕たちは大人になる。

僕たちが大人になる。

青春とは罪無き犯罪の日々です。
今は昔、変わらぬ群像劇―――――。