検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

Lovers Chronicles

Lovers Chronicles

  • 歌手:
    ムーンライダーズ
  • 発売日:
    2011/01/26
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 4,454
 
ボクを傷つけた いや
痛みを置いてった
そう思いたい
Lovers Chronicles
黒い車 迎えに来て
自由に たやすく君は
風に 乗って行っちゃったよね
君の小さなブラの中
激しく新しい恋が ギュッと詰まってる
非日常を 日常で
支えて くれてたのに ボクを
最低の人間は最低の場所を キッチンにするものだ
だからボクはこの先の川の 入り口に皿洗い機を置く
台風が来て川があふれてどこがどこだかわからない
ボクに2番目に高い保険料を 払ってくれれば生きてける
第三次世界大戦
起きたら ずっと一緒にさ
抱きあっていよう って言った
ボクは じきに影になる
肺と肺の間に なにかが詰まってる
そこは涙の谷
猫の毛 丸めたような
20's 30's 40's and 50's 去ってく時は
優しい人ねって 言われ
25 30 32 35 or 40 と君は 結婚 探して
でも一つだけ 言いたい事がある あとでね
君のかわいい鼻 小さめのブラ
女性用のシェイバー ボクの歯ブラシ
強い風が運んで来たような いつもと違う新品の灰皿
高速道路の入り口 いろんな所へ行ったから
どの景色も君と 見たモノ だから目をつぶるんだ
ただ見てただけじゃ ないよ
軍隊に 雇われたい
そんな気持ち 遠い国で
二度と会えない覚悟で
でもどこかでまた会ったら 優しくしてあげるんだ
これで最後の恋じゃない
人間は動物だから
でも今はそれ思うと きみらが
見てる景色が浮かぶ
小さめのブラとか ボクの かつての 景色
人間は動物だから戦場に行きたくなる もっと強い痛みを シャワーのように
ボクは 今日から 影になる この下り坂を往けば 君を想って