Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

旧市街

旧市街

  • 歌手:
    People In The Box
  • 発売日:
    2010/10/06
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 21,873
 
朝食に毒を密かに盛れ
ながい土曜日を終わらせる為に
軌道を外れた人工衛星の物憂い視線 緩んだ口元
塔の門をくぐってからどのくらいの時間が経っただろうか
1時間? 1日? 1年? 100年?
この階段はあまりに長くて
昇りながら下っているような感覚に陥った
多分そのふたつに大きな違いはない

ほとんどは忘れてしまった 雨に溶けていった
どこかの大地の養分に僕の記憶はなる
誰かが今頃 遠くで雨季を待つ
雨季は遠い
突然階段は終わる 風が沈黙する
静寂が辺りを包む 時が満ちたようだ
最上階の扉 開け放ち
僕は言った
僕は言った

「時間だよ
僕から生まれた僕自身に告ぐ
メメント モリ」
青空 少しだけおかしくなったよ
君の首に触れて引きずり込んだ

かくして僕は塔に君臨した
さあ角砂糖を献上せよ
遠い眼下をのぞき込んだ そこに元の君の姿はない
印刷機が作った未来の歴史
退屈な病に血清はない 革命に血は流されないからだ
生きながら死んでいるような感覚に陥った
多分そのふたつに大きな違いはない

足音が秒針のように近づいてくると
僕はそれを知っていたこと 思い出したのさ
足音止んで 開け放つ
君は言った

君は言った
「時間だよ
僕から生まれた僕自身に告ぐ
メメント モリ」
青空 少しだけおかしくなったよ
僕の首に触れて引きずり込んだ

青空 少しだけおかしくなったよ
僕の首に触れて引きずり込んだ
青空 塔を抱いて眠りにつくのさ