Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

Wahrheit

Wahrheit

  • 歌手:
    妖精帝國
  • 発売日:
    2007/11/07
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 11,673
 
古の台座には御霊が宿るという
置き去りのEine Krone響く
罪の数ほど美しく

右手で空に掲げた 嘘で満たした聖杯
彩る夜を捉えて 罪を欺く死の蜜

血塗られた月は操られて
飲み干した嘘に支配される
命の価値を死で計るなら
誇らしく微笑み逝けるでしょう

最期の楔で 我らに光を

羽のように撒き散らした罪が
雫となって降り注いで
誇り高く廃した躰ごと
総てを包んで 御霊を連れて往け

躰の奥に仕込んだ 過去を贖う戒め
真実の答え探して 刻を朱色に染めて

錆び付いた鍵に惑わされて
抉じ開けた刻は睡ったまま

誓いの言霊を叫ぶなら
凍て付いた扉も解けるでしょう

最期の楔で我らに光を

鳥のように舞い踊る御霊よ
光となって降り注いで
誇り高く廃した躰ごと
総てを包んで 魂呼び祈り唄

やがて時はゆき 唄を忘れ去る頃
碧の台座の上で 砕け散ってゆくでしょう

羽のように撒き散らしたEine Krone
雫となって降り注いで
誇り高く廃した躰ごと
総てを包んで 御霊よ還り咲け