Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

ふたりの港町

ふたりの港町

  • 歌手:
    キム・ヨンジャ
  • 発売日:
    2006/07/26
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 8,828
 
赤い毛布はおりながら 降りた町は
線路沿いにかもめがとぶ 無人駅
ほつれ髪(がみ)にとまる雪を 口で吸えば
なにもいわず身体(からだ)よせた 小さなおまえ
哭(な)くな哭(な)くなかもめ 逝(い)く船もない
ここが故郷(こきょう)と決めた
春になれば風もなごみ はまなすも咲く
ふたりの港町

やぶれ窓が声を喚(あ)げる 浜の番屋
背中まるめおまえはただ 聴いていた
流れ木(こ)っ片(ぱ)拾いあつめ 火をつければ
揺れてともる片手ほどの しあわせあかり

吠(ほ)えろ吠(ほ)えろ海鳴り 失くした夢を
ここで捜すと決めた
春になれば海もないで 岬が光る
ふたりの港町

哭(な)くな哭(な)くなかもめ 逝(い)く船もない
ここが故郷(こきょう)と決めた
春になれば風もなごみ はまなすも咲く
ふたりの港町