Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

射手座の月の衣に

射手座の月の衣に

  • 歌手:
    奥井雅美
  • 発売日:
    2006/10/04
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 4,449
 
焼けたアスファルトは 遅い夏の日 追い立てているよう
街中ざわめいて 立ち上る熱気に何もかも重なり

先急ぐ君の背中 ぼやけて消えそうになる

まだ青く澄んだ空
透き通る白い月“だいじょうぶ”と伝える
太陽が遠くから睨みつけていても
この声を信じたい

目に見えないモノは 役に立たない 誰か言ってたけど
心に浮かび行く 不安は現実に顕現されてしまう

幸せを望む願い それよりも力強く

今日というこの時間(とき)が
描いてしまってる儚い幸せなら
もう少し手を加え二人同じ未来
歩く絵に仕上げよう

ねぇ間に合うのかな…
一度描いたラストシーン 哀しいシナリオ
破り捨てることも出来ないとしたなら?

茜色 染まる空
傾く月が今“だいじょうぶ”と伝える
太陽と恋をした女神に包まれた
この声を信じたい

この素顔、この涙、私のすべて今
両手を広げながら
受け止めて抱きしめる君の輪郭だけ
絵具が滲んで行く