Uta-net

ライブレポート

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

NOISEMAKER ライヴレポート

【NOISEMAKER ライヴレポート】 『NOISEMAKER presents NOISE MANIA 2019』 2019年8月23日 at TSUTAYA O-WEST

2019年08月23日
@TSUTAYA O-WEST

北海道発のNOISEMAKERが8月23日、全国ワンマンツアー『NOISEMANIA 2019』のファイナル公演をTSUTAYA O-WESTで開催。“ただライヴをしたくて始めたワンマンツアー”とMCでも説明していたが、この日のチケットは即完したようで、バンドと観客が真正面からぶつかり合う熱気は凄まじいものがあった。

お互いに目と目を突き合わせ、心と心でぶつかり合う。その緊張感漲る波動が会場に伝わり、フロアーを根底から焚き付けていた。序盤にAG(Vo)が“いい演奏とか取っ払って”と口にしていたけれど、前のめりのバンドに観客も必死で食らい付く。その相乗効果で会場の熱気を高める理想のライヴを作り上げていた。そう、今のNOISEMAKERはAG、HIDE(Gu)、YU-KI(Ba)、UTA(Dr)のメンバー4人の歯車が噛み合った上で、ありったけのエモーションを叩き付ける獰猛極まりないパフォーマンスを魅せているのだ。

「Mouse Trap」で幕を開けると早くも凄まじい歓声に包まれ、「Her Diamond」「DRIFTING CLOUDS」と畳み掛け、その熱は右肩上がりに上昇。今年1月に出た最新ミニアルバム『RARA』収録の「THIS IS ME」ではクラウドサーファーが途絶えず、続く「Wings」における切れ味鋭いグルーブ感にも圧倒。YU-KIがスラップベースで煽ったあとにプレイした10年前の楽曲「CONTACT」を織り込みつつ、後半の流れにも息を飲んだ。シンガロングが巻き起こした「Home」、ミラーボールが回る中で放った「To Live Is」はライヴで観る度に成長を遂げているアンセム曲と言っていい。そして、本編最後の「NAME」では爆発力のある演奏でフロアーを蹂躙。アンコールの「Nothing to Lose」は曲名通りに捨て身で体当たりするメンバーの熱きテンションに体の震えが止まらなかった。NOISEMAKERの勢いは加速するばかりで、もはや手が付けられないレベルに到達している。

撮影:TAKASHI KONUMA/取材:荒金良介

NOISEMAKER

ノイズメーカー:2003年に北海道札幌市にて結成。パンク、ロックに留まらず、ヒップホップやR&B、グランジ、オルタナなど、さまざなジャンルをクロスオーバーした自由度の高いサウンドに支持を集める。2015年3月にメジャー移籍し、その後のリリースツアーでは各地ソールドアウト公演も続出。また、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』をはじめ、『SUMMER SONIC』『OZZFEST JAPAN』『COUNTDOWN JAPAN』など大型フェスにも出演。その後、シンガポール、台湾などのフェスにも出演を果たし、海外からも大反響を得る。18年5月には故郷である札幌にて『KITAKAZE ROCK FES.』を開催した。

SET LIST

試聴はライブ音源ではありません。

  1. 2

    2. Her Diamond

  2. 3

    3. DRIFTING CLOUDS

  3. 4

    4. SADVENTURES

  4. 6

    6. Wings

  5. 7

    7. RUDE BOY

  6. 8

    8. PLATINUM SHOES

  7. 9

    9. NEW GATE

  8. 10

    10. CONTACT

  9. 12

    12. SUNRISE

  10. 13

    13. Something New

  11. 16

    <ENCORE>

  12. 17

    Nothing to Lose