Uta-net

ライブレポート

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

The Super Ball ライヴレポート

【The Super Ball ライヴレポート】『SPB 3rd ANNIVERSARY LIVE』 2019年7月20日 at 横浜YTJホール

2019年07月20日
@横浜YTJホール

“夢って口に出すのが怖いと思ってた時もあるけど...今は本気でドームで歌いたい! これからの道のりも、ドームへの長い旅だと思ったらわくわくして仕方ない”――2016年のメジャーデビューからちょうど3周年の記念日に、吉田理幹(Pf&Vo)はそう断言した。そして、“今日は過去イチの曲数でお届けします”という佐々木陽吾(Gu&Vo)の言葉通り、デビューシングルから最新曲まで全19曲を叩き付けたステージでThe Super Ballのふたりが訴えたのは、今、胸にある覚悟と未来への決意。この3年でアーティストとして、何より“人”として成長を遂げた彼らの姿が、そこにあった。

ピアノとギターとふたつの声のハーモニー。自身が発する音だけで構成された「君の目盛り」でスパボの真髄をド頭から堪能させて、デビュー3周年ライヴは幕開けた。以降、アップからミドル、スローとさまざまな曲調で多彩なヴォーカルワークを丁寧に披露しつつ、なんとステージを下りて客席を1周する場面まで。中でもフックとなったのが最新シングル「花火」収録の3曲で、元高校球児の吉田が自身の体験を詞に落とし込んだ応援歌「夏の神様」のエモーションなどは、もはやロックの域だった。フジテレビ『ザ・ノンフィクション』の主題歌「サンサーラ」でも、曲頭から揃うアカペラや輪廻を歌い上げる渾身のヴォーカルに厳かな気持ちが込み上げ、マイク越しに主人公の痛みがビシビシと伝わってくる「花火」の熱唱が、“デビューして本気で音楽で人を幸せにしたいと思うようになった”という吉田の言葉を裏付ける。タオルが舞う終盤戦でファンとの心の距離を縮め、ステージに立つ人間のリアルな心情を綴った「人生ゲーム」でライヴの喜びは頂点に。

そして、「君の夢は僕の夢」で夢への熱い想いを訴えると、アンコールで佐々木はこう語った。“歌が上手い以上にみんなとのつながりや空気、人間性を共有して歩いていくのがアーティストなんだと最近気付いてきた。来年の7月20日はもっと温かくて素敵な空間を作りたいなと思います”。根本に気付いた人間ほど強いものはない。ラストソング「弘前公園」で喪失からの“気付き”を歌うふたりの素朴な声は聴く者の心を震わせ、やがて美しい大合唱へと昇華していった。

取材:清水素子

The Super Ball

ザ・スーパーボール:青森県出身の佐々木陽吾と神奈川県出身の吉田理幹によるツインヴォーカルユニット。都内のライヴハウスや路上ライヴ活動を2015年から本格化。カバー曲を歌った動画をWebで毎日アップし始めて以降、ファンが急増し要注目の新人として知られることになる。数社による争奪戦が行なわれ、徳間ジャパンコミュニケーションズから16年7月20日にアニメ『不機嫌なモノノケ庵』主題歌となったデビューシングル「トモダチメートル」を発売した。

SET LIST

試聴はライブ音源ではありません。

  1. 1

    1.君の目盛り

  2. 2

    2.スーパーボール

  3. 3

    3.are you ready?

  4. 4

    4.キラキラ

  5. 6

    6.はなうたのメロディ

  6. 14

    14.君の夢は僕の夢

  7. 16

    16.ワッペン

  8. 17

    <ENCORE>

  9. 19

    2.ふたつのかげ