検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

感覚ピエロ ライヴレポート

【感覚ピエロ ライヴレポート】 『感覚ピエロ 47都道府県ツアー2018『KKP TOUR またイかせてもらいます!!47都道府県全国津々ムラ×2!! デリバリー感覚ピエロ!! ~チェンジだなんて言わせない~』』2018年3月9日 at Zepp Tokyo

2018年03月09日
@Zepp Tokyo

今年2月に1stフルアルバム『色色人色』をリリースした感覚ピエロが、3月から7月にかけて全国47都道府県ツアー『またイかせてもらいます!!47都道府県全国津々ムラ×2!! デリバリー感覚ピエロ!!〜チェンジだなんて言わせない〜』を敢行。ツアー2本目、3月9日に行なわれた東京・Zepp Tokyo公演で彼らは、幅広い音楽性とド派手な演出、ビビッドな感情表現がぶつかり合う圧巻のステージを観せてくれた。

エレクトロ系のSEとともに登場したメンバーは、興奮渦巻くフロアーに向けてダンスチューン「CHALLENGER」を放ち、観客のテンションを一瞬でピークへと引き上げる。さらに攻撃的なロックナンバー「疑問疑答」(映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』主題歌)で煽りまくり、享楽的なディスコナンバー「ワンナイト・ラヴゲーム」ではセクシーな女性ダンサー6人と踊りまくる。そんな、まるでジェットコースターのようなステージに圧倒された。

ヒット曲「拝啓、いつかの君へ」(ドラマ『ゆとりですがなにか』主題歌)の大合唱も印象的だったが、ライヴの軸になっていたのはやはり1stフルアルバム『色色人色』の楽曲。特に《救われたい 願っていた/理性はとうに死んでいた 助けて》というシリアスな歌詞をステージに映し出した「変幻」、横山直弘(Vo&Gu) の“何度でも0からやり直せばいい”という言葉に導かれた「0になって」は強烈。この真摯なメッセージ性もまた、感覚ピエロが強く支持されている理由なのだ。

再び女性ダンサーが登場、観客と一緒にタオルを振り回した「A BANANA」からライヴは後半へ。“おっぱいコール”が響き渡る「O・P・P・A・I」をはじめとするおバカでエロなナンバーによってフロアーは汗と笑顔で埋め尽くされる。本編ラストは“俺らはカッコ良いことをやるために変わり続けます。一番カッコ良いバンドになってZeppに戻ってきます”というMCに導かれた「ハルカミライ」「Just to tell you once again」。とことん遊びまくると同時に痺れるほどに真剣。“やりたいことを全てやる”という意志にあふれた濃密なライヴだった。

撮影:ヤマダマサヒロ/取材:森朋之

twitter Facebok google+ LINE