検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

三月のパンタシア ライヴレポート

【三月のパンタシア ライヴレポート】 『〜きみとわたしの物語〜』 2017年11月25日 at shibuya duo MUSIC EXCHANGE

2017年11月25日
@shibuya duo MUSIC EXCHANGE

2015年8月に「day break」をネット上に発表して以来、さまざまなイラストレーターやネットミュージシャンと連動した映像作品を公開し活動してきた、ヴォーカルの“みあ”を中心としたプロジェクト、三月のパンタシア。2017年5月にはさいたまスーパーアリーナで開催された音楽イベント『MUSIC THEATER』に出演し、スタジオライヴの映像も公開するなど、徐々に人前でのパフォーマンスの場を広げてきた彼女が待望の初ワンマンライヴを開催した。彼女の姿を一目見ようと、会場には多くの観客が集まり、超満員となっていた。

“終わりと始まりをつなぐ。これは君と私の物語。あのときの歌が聞こえる“というナレーションに続いてバックライトに照らされたみあが登場。巨大なスクリーンに写される映像や楽曲が紡ぐ物語の世界観に合わせ替わっていく衣装、そして彼女の生の感情が乗った、素直で真っ直ぐな歌声がしっかりと聴き手の心を掴んでいた。ライヴは前述のピアノロック「day break」からアニメ『亜人ちゃんは語りたい』のEDテーマ「フェアリーテイル」など、1stアルバム『あのときの歌が聴こえる』収録曲に加え、アニメ『Re:CREATORS』のEDテーマに起用された最新シングル「ルビコン」まで、これまでの活動の集大成のような内容となっていた。彼女がその憂いを帯びた歌声で表現していたのは、出会いと別れ、過去と未来、生と死、現実と夢、真実と嘘、あなたと、そして、自分ともうひとりの自分の間に流れる悩みや葛藤。ロックナンバー「花に夕景」では笑顔を見せ、アコースティックアレンジで披露された「ないた赤鬼、わらう青空」では情熱と追憶を交差させ、ドラマチックなバラード「リマインドカラー〜茜色の記憶」ではブレスで繊細な感情を伝えた。時には手を思いっ切り伸ばし、時には空を見上げるなど、身体全体で歌の主人公の心情を表現しながら聴き手の過去をも肯定し、未来へと目を向ける手助けをしてくれるような効果をもたらしていた。

“サンパシ”コールが湧き上がったアンコールでは、“すごい景色です。みんなの顔がひとりひとりよく見えてて、一生忘れない景色なんだろうなって思っています。こんなに素敵な夜を過ごせているのも、ずっと聴き続けてくれて、いろんなところから会いにきてくれたみんながいるからです。いつも本当にありがとう”とファンに感謝の気持ちを述べ、“清涼感があって、爽やかで、温かい木漏れ日と春の日差しがやさしく包んでくれるような素敵な曲になりました”と解説した新曲「風の声を聴きながら」を初披露した。自分の歩幅でゆっくりと歩き出す姿勢を歌った楽曲には、彼女の“これから”への意思も込められているのだろう。最後に観客の顔を見渡し、深々と礼をして、ステージを去った彼女はきっとこれからも、ゆっくりとした自分のペースで前へと進みながら、君と私の物語の続きを描いていくはずだ。

撮影:MON/取材:永堀アツオ

三月のパンタシア

サンガツノパンタシア:どこか憂いを秘めたヴォーカリスト“みあ”の歌声に、多くの人気ネットミュージシャンやイラストレーターらが魅了され、結成されたプロジェクト。みあの歌声で紡がれるストーリーが、時にやさしく、時に切なく、聴き手の心に寄り添い多くの共感を呼んでいる。作品の世界観を彩る美しくどこかノスタルジックなイラストや、イラストと連動して作り上げられている映像作品も話題だ。2016年6月にシングル「はじまりの速度」でメジャーデビューを果たした。そして17年8月30日にTVアニメ『Re.CREATORS』エンディングテーマ「ルビコン」をリリース。

twitter Facebok google+ LINE