検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

玄冬記-花散る日-

 
通夜の夜には不釣合なほど
空一面の銀の星
黒い喪服の弔問客が
今日だけは明るい路地を抜けて

終電車が走り抜けた後
この部屋にも夜が来る
この空の下で暮らしている
他の人よりも長い夜が来る

酒にのがれて逃げてもみたい
大きな声で歌でも唄おうか
いつかは来ると今日という日が
いつかは来ると知っていた

おしい人を失くしましたねと
隣の部屋で声がする
聞こえるはずのない貴方でも
伝えてみました二月の闇に

旅に疲れる様になってきました
ホテルの窓から見る景色にも驚くことが
少なくなってきてしまいました
春がそこまできているというのに
胸さえときめかなくなりました
毎年毎年こんな風に何かを失くしながら
年を取ってゆくのかもしれません

貴方の胸に抱かれたかった
今夜しみじみそう思う
香の匂いにまぎれて香る
貴方が愛おしんだ冬の花

覚えてますか子供の頃に
買ってもらったズック靴
さよならすると貴方の後を
泣きながら追いかけた夏の夕暮れ

出逢える人の数よりもなお
別れる人の数が増えてきた
いつかは来ると今日という日が
いつかは来ると知っていた

通夜の夜には不釣合なほど
空一面の銀の星
泣きながら追いかけることさえ
出来ないくらい大人になりました