Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

まほろば

 
私を呼んでる はるか遠い場所で
足跡ならべた あの日の数え唄
草の匂いせせらぎ 続く轍をぬければ
約束の丘に 午後の光が舞い降りる

どこで生まれたのだろう
空に浮かぶ白い雲
どこへ行き着くのだろう
あの水の流れは

輝ける大地 囁くいのちの声
めぐる季節を ただ見送りながら
今を生きる喜びを誇る様に
私に語りかける

風の調べに そっと瞳を閉じれば
聞こえてくるのは 優しき母の子守唄

夕暮れの茜色が
寂しげにゆらめくのは
誰かが旅立つ人を
見送っているから

星空をつれて 地平線に溶けゆく
儚く散る名残日につつまれて
見果てぬ夢 燃え尽きた日の様に
月が微笑みかける 未来に

走って行こう この道を裸足のまま
振り返ることなく

輝ける大地 囁くいのちの声
めぐる季節を ただ見送りながら
今を生きる喜びを誇る様に
私に語りかける

花や木々の歌を伝えるため
旅立つ一羽の鳥は
形の無い希望に身を委ねて
空の涯てへ羽ばたく