Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

そして僕の夜が明ける

 
明け方の空は寝ぼけて夕暮れの色を朝に映す
それはとても澄み切っていて吸い込まれそうになるんだ

君と何度夜を見送りいくつの朝を迎えただろう
時計の針は6時を過ぎ光が散らばっていく

ほしい物は他に何もなかった 過去も未来さえ
確かにこの手の中にあるはずと そう、思ってた

消えていく声は微かに僕の名を確かに呼んだ
僕はただ祈るように声の限り叫んだ

つないでた君の右手をいつまでも離せなかった
あのぬくもりはリアルに今も残って僕を鈍らせる

生まれるものと消え去るもの 繰り返して僕らは存在(い)る
そんなことはわかってるけどどうにもならないこともある

忘れていくことがもしこんな僕にでも出来るならいっそ
君の名前をこの頭の中から消し去ってほしい

広がった光の粒が僕の目を貫いていく
思わず閉じた瞳に君の顔が浮かんだ

止め処なく溢れる涙拭わずに立ち尽くしてた
僕のなかに残る君、どうかずっと笑いかけていて

忘れないことから始まったっていい
その言葉を君に捧げよう

消えていく声は微かに僕の名を確かに呼んだ
つないでたあの右手と笑顔のままの君

明けていく世界の空に君の名を指で描いた
あの声あのぬくもり ずっとこのまま抱きしめ歩いて行こう