Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

蝉時雨

 
過ぎゆく季節かぞえ
今年の夏も終わる
涼しげな風鈴が
なぜか寂しく聞こえる

傾きかけた 日差しの中で
ヒグラシが遠くで鳴いていて
二人で行った 丘に登った
止めてしまいたいような時間の中で
せせらぎココロ潤してくれる
森は行く先を教えてくれる
これからずっと君はそっと
僕の手を握りしめてくれた

いつまでもこのままで
終わらない夏の空に
遠くで鳴り響くセミシグレ
君と聞いて過ごしたい

いつの間に黄昏(たそが)れて
足早に暮れなずむ
君の手のぬくもりが
なぜかやさしく思える

坂道長く 二つの影が
並んで夕日背に揺れていて
君が笑った 影もふるえた
そんな当たり前な時間の中で
移ろう季節が風に香って
タ闇ヒグラシを遠ざけても
これからずっと君はもっと
かけがえのない人になってゆくから

気がつけば影消えて
暮れかかる夏の空に
見つけた星ひとつひそやかに
また来年も君と…

ゆるやかに過ぎるひととき惜しむように
立ち止まってみた

いつまでもこのままで
終わらない夏の空に
遠くで鳴り響くセミシグレ
君と聞いて過ごしたい

気がつけば影消えて
暮れかかる夏の空に
見つけた星ひとつひそやかに
また来年も君と…