Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

風と影

 
結婚したんだ 言われて見せられた奥さま
画面の向こう 笑ってる顔にはもう女の文字はなくて
家族ってこういうことかな ビールの泡がのぼっていく
カウンター並んだ二人はどう見えるのかな

一度だけ 酒の勢いで
あやまる君は靴下 裏返しのまま出て行った
わたしの気持ちに気付いてることに
わたしは気付いてるから
君のずるいところも包んであげるつもりだったのに

薫る風 通る風になびく二人の影
わたしだけ薄くなる
さよなら なんて言えないや
涙さえ 見せないでいるのはわたしのため
まだそばにいたいから
肩が触れない位にいさせて

終電間際に そわそわしている旦那さま
かわいい奥さんが待っているんでしょ、
なんて余計な助け舟
おごりおごられることはナシ 絶対の二人の決め事
降り出した雨 君は一度も振り返らない

春が来て ちゃんと夏が来て
秋と冬が来る みたいに友達なんだろう
梅雨があることも知ってて
それでも四季と呼んでるように
当たり前なんだ それが嬉しくてやっぱり悲しくて

夜の雨 通り雨に濡れる わたしの影
少しだけ泣けてくる
さよなら いつかするのかな
その日まで 言わないでいられるよ
隠すから まだそばにいさせて
たまにでいい 君のずるいとこ見せて

わたしは こんなに やなやつ だったんだ
わたしは こんなに 君だけ なんだな

その日まで 見せて夢 その日まで

薫る風 通る風になびく二人の影
わたしだけ薄くなる
さよなら 君はしてたんだ
涙さえ 拭えない君のその指先に リングが灯る頃
きっとこの恋は 風に揺れてる