Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

繋ぐ日の青

 
あれが空で、あれが海と、はじめて知ったみたいでさ、
あなたとならなにもかもが不思議なくらい鮮やかで新しい。
バニラの街を走り抜けた色めく風を捕まえたら、
後ろ髪がなびき出すから、
ねえ、見ていて。

あなたは今日も生きていて、それだけで嬉しくなって、
あなたにはまだ見えない心の青を繋ぐの。
胸に咲いた歪つな花は、その息やその言葉を吸い込んで育ってゆくよ。

秘密まみれで汚れた手を重ねて知った脆い強さ。
その涙の清らかさを怖いくらいまっすぐに信じてる。
変わろうとも変えようともわかろうともわからせようともせず、
見つめていたいよ。
それじゃダメかな?

わたしは今日も生きていて、それだけで切なくなって、
晒せどもまだ冷めない微熱に身をゆだねるの。
わたしだけの痛みになってくれるような甘い明日をまぶたの裏側で見るよ。

あなたは今日も生きていて、それだけで嬉しくなって、
あなたにはまだ見えない心の青を繋ぐの。
胸に咲いた歪つな花は、その息やその言葉を吸い込んで染まってしまうよ。

わたしは今日も生きていて、それだけで切なくなって、
晒せどもまだ冷めない微熱に身をゆだねるの。
わたしだけの痛みになってここにいて!
あなたとなら間違えてしまってもいいよ。