検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

アンハッピー少年少女

 
三度目の飯は腹に入らんで
残されたまま
机の上に置かれている
それを眺めてる憮然とした顔が
何も言わずとも
それらの意味を教えてる

行きも帰りも似たような道を
僕らは今も歩いてるんだ
無表情な深夜コンビニの明かりを
僕は見た

アンハッピー少年少女たち
案ずることはなかれと
君が声高々に宣言するからさ
何にも考えずただ
後についてく僕ら
失敗も後悔すら全部
自分の責任で
理不尽だね

今も外にいるのに何故か僕は
さらに外側へ行けるドアがないかって探している
そして僕はそれを見つけたとして
本当に外へ行けるのかなって思うのさ

いつも安心を手放せないような臆病な僕を
深夜コンビニから君は見た
アンハッピー少年少女たち
案ずることはなかれと
君が声高々に宣言するからさ
散弾銃構えてる君も
それを捨てたらおいで
平和な円形の中
みんなで踊ろうぜ
目は閉じて

本当の未来のことを
僕らまだ知らないよ
果てない暗闇の中
見つけた小さな光
それを見失わんよう
ひたに走れるか

アンハッピー少年少女たち
安心は捨ててしまえよ
アンラッキーも一緒に全部
ぶつけてしまおうぜ
嫌いなヤツらがいつか
僕らを見直したとき
そんなもん気にならんくらいに
前を向いて行こうぜ

アンハッピー少年少女たち