検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

空席のとなり

 
夜空と溶かして
飲み干すふたりの影に
夢をみたのにね 泡とはじけて消えた

苦さをなぞる様な
右の空席 目を逸らす
いつもの 月の色 風の音 滲む

忘れたい 忘れたくない
温もりも 涙さえ
きみと何を 守るべきか
今更 ひとりになって分かるなんて

輝いたほど 戸惑いが増してゆく 途切れた恋心
動けない この場所に 答えなどないのに

いつものように 遅れてドアを開けて ごめんと笑いかけて
手放したその日常 掻き消す様に
未来へと 時計がまた 鳴いている

ゆらり揺れる灯に
重ねたあの日の弱さ
半端なさよなら 熱に溶かされ消えた

有り余る 時間が嫌い
静けさも 騒がしさも
きみの声が 触れる肌が
総てを 力強く彩っていたの

信じていたほど 何処かきみを責めている 行き場のない恋心
優しくない終わりかた きみらしくないのに

いつの日から 違う場所を見ていたの 何も言わないまま
視線を逸らした横顔 刻む様に
想い出し問い掛けては 歪んでいく

おもい とけない いまは

輝いたほど 戸惑いが増してゆく 途切れた恋心
きみだけの 幸せは まだ願えないけれど

嫌いになど もう決してなれないと 気付き始めたから
ひとつずつ理由[わけ]を探して 解[ほど]ける様に
進まない 時計をまた 見ている