検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

COLORS

 
わからなかった
当たり前だった
ただ恥ずかしさ
ばかりの日々だった

周りの瞳
気にしてしまう日々
悔しい想い
イラつく日もあったり

色んな人との出会い
それぞれの輝きを
大切にしてきた
その一期一会

誰かに導かれ
広がる新しい地平
殻を破りもがけば
僕の色がついていくよ

わからなかった
(なんにも)
当たり前だった
(知らないで)
ただ恥ずかしさ
(歩いて)
ばかりの日々だった
(きたんだ)
でもいつからか
(気付いた)
そんな弱気なんか
(この思い)
よりもっと確かな
(歌おう)
ものがそばにあった

描いてきた軌跡は
それぞれ重なって
僕なりの道だと
君は呼んでくれた

この果てしない旅路
共に歩いてくれた
だから思い出のページ
君の色もついていくよ

いつだって
苦しくてもがいているけど
微(かす)かな幸福を
めいっぱい感じるんだ
僕らの色 探すよ

わかりはじめた
(一人じゃ)
大切ななにか
(ないんだ)
ただ前を見た
(光を)
答えは知らないまま
(目指そう)
周りの瞳
(心を)
気にしてしまうより
(委ねて)
大事にしたい
(歌おう)
僕だけのメロディ
(Woo)
ずっといつまでも
(不安も)
続くんだろうって思う
(弱さも)
きっとね何度も
(消せない)
折れそうになる、だから
(だから)
そんな時には
(お願い)
支えてくれるよね?
(そばにいて)
その温もりが
(いつでも)
僕を強くするんだ