検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

星に願いを

 
ねぇ 今日はなんだか
風が心地よくて
こんな日はいつもよりも
君のこと考えてる
あぁ どんなに星に祈り
捧げてみても
叶わないこともあると
僕だって知ってるけど

線路にかかる橋の上で
遠い街まで走ってく
終電車を眺めていた

あとどれくらいの時間(とき)を
僕らは過ごせるのだろう
もうすぐ次の季節が
ふたりを迎えに来る
サヨナラの言葉だけを
この夜に置いていけたならいい
溢れた想いの粒は
広すぎる空で今 輝く

ねぇ 少し前を歩いて振り返った
横顔を見ていたくて
遠回りしたあの夜
あぁ 止めるも戻すことも
出来ないけれど
それだけが僕にできる
永遠への近道かも

見上げた空を低い雲が
追い越していく
ゆっくりと僕も同じ方へ向かうよ
約束の数の中で
大切にしていくのは
移りゆく季節の先
迷うことない想い
あきらめの悪い僕は
それでも君の手を握りしめて
月明かり照らす空に
一番輝く星を探した

次の長い休みは
遠くまで行こうか
まだ知らない景色を
君とまた探して
つぶやく様に星に願いを
これからもずっと愛しい人へ