検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

スイマー

 
思い出したのは あの夢だった
旅立つ頃の淡い日々のことだった
蒼く水色に染まった世界で
深く遠い場所にいるみたいだった

燈のような 覚悟がポケットから
逃げ回って 眩しい太陽になった
帰ってこないと 諦めて揺られた
僕のこともまだ照らしていた

繰り返す自問自答の果てに
見えなくなっていく
あんなに明るく照らしていた
僕のスポットライト

致死率100%の海を越えてゆけ
果てのない恐怖が 足跡消してしまうけど
攻撃を受ける覚悟で 奥まで進んでゆけ
敗北の日々も迎えにゆくよ
そこで僕が涙流すことになったとしても
それでいい

夜に囲まれた 迷子を照らしていた
理想の星が 輝く方へ向かった
気づいていたんだ 剥がれ落ちかけた
欲望という名の印だってことなんか

いつか必ず 辿り巡り会えるはずだよ
自分自身を信じなきゃ
何も信じれない

導く100%が0に変わっても
沈みゆく意識の中で ただ光を追うんだよ
食いしばった耳鳴りの微か奥に潜んだ
真実の行方を探しに行くよ

波に委ね、流された
僕の鼓動の行き先と運命
0分の0に呪われた可能性に意味などないのさ
定めを千切れ 裏切って

致死率100%の海を越えてゆけ
無限の分かれ道から選び抜いた一つの証明
笑えないさ 戻らないあの夢の光に
照らされゆく道を今進んでるんだ

致死率100%の海を越えてゆけ
その先になにがあるかまだ誰も知らないけど
靄がかった道筋に高鳴る鼓動のまま
果ての先で 僕が待っている
その道で僕が涙流すことになったとしても
胸に宿る覚悟の光が 舞い昇る