検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

街のあかり

 
寄り道なら そこの八百屋の筋 左曲がってさ
ランドセル 邪魔だから預けておこうか
10円ガム 買うたびに聞かれる今日の時間割
1秒も惜しいから適当に答えた

「おかえり」「ただいま」を言うたび
少しずつ家に近づいた

街灯の明かりなんていらないぜ
見渡せばほら 店のきらめき
愛情が溶け込んだ商店街
あの頃はまだ気づくでもなく そりゃそうか

あれほどさ 出たかった街に帰りたくなるとは
キャリーバッグ ギターくくり付け転がした
千回くらい 通った駄菓子屋は更地になってた
よく話したおばさんの顔も忘れてた

「さようなら」さえも言えぬまま
明かりは静かに消えるから

街中に増えていく灰色が
記憶さえ ただ飲み込んでいった
あの場所に 植えつけた思い出は
刈り取られてた そこにいたことも

東京の空は眩しくて
似合わないなんて思うのさ まだ

街灯の明かりなんていらないぜ
思い出す度に 街に火が灯る
灰色の奥にある風景が
思い出がまだ 輝いている
この先も