検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

それでいい

 
離れた隙間に
君を感じてた
幸せの定義だとか考えてる

その笑みにしまった
涙を見つけ
闇に染まっていた
心が溢れ落ちたんだ

世界は嫌いだ
あたりまえだ
君がいないんだ
この心を失くしたくない
時間の残酷さの中
慣れてしまうのが
恐くて

永遠など無い
知ってるから
永遠を願う事に意味があって
今、不確かな事
目には見えなくて
それでも目を凝らす事に価値がある

わかってるんだ
でもわかりたくない事だらけだ

口を尖らしてさ
雨止まないかなって
水たまりを蹴る君は
楽しそうで

幸せってものは
きっとこういう事なのかな

雨よ
このまま二人を隠してくれないか
時空を隔てて
神様の目がもう届かない場所へ
世界の仕組みを組み換えるように
君に手を差し伸べた時
透き通り
消えてった

幸せなどもう信じてないし
愛など信じてはいないけれど
愛はあって
幸せもあって
確かに感じる心があるんだ

永遠など無い
知ってるから
永遠を願う事に意味があって
今、不確かな事
目には見えなくて
それでも目を凝らす事に価値がある

それでいいんだ
君がこの孤独を愛してくれたから