Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

狐の嫁入り

 
吹き抜ける風が柔らか
春の生まれの君だから
君のそばは暖かいのかも知れない

始まりも終わりも無く
時間はゆっくりと流れる
そんな空気の中にいた

笑うと無くなってしまう 君の目 君の目
思い出の中を歩き、いくつか見つける
ただ胸を打つ、雨粒の音
傘を広げて歩いていくの

生憎の雨ね
雨雲が割れて
光が差し込んで
暖かなこんな日に
君はお嫁さんに行くんだね

始まりと終わりを告げる
次の春を待たず
君は隣で綺麗になっていた

笑うと無くなってしまう 君の目 君の目
濡らす涙が 僕は悲しくて

ただ拭ってあげる、その勇気すら持てない
僕はそのとき知ってしまった

時間を止めることさえ出来ない僕らは
魔法の才能など無い
この世の不思議は一つの偽りもなく
ただそこに佇んでいるのだ

生憎の雨ね
雨雲が割れて
光が差し込んで
暖かなこんな日に
君はお嫁さんに行くんだね

生憎の雨に
君は嫌われて
光り差し込んで
暖かなこんな日に
僕はあくびの一つも出来ない

暖かなこんな日に
君の横顔が光に溶けてよく見えなかったんだ