Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

Stigma

 
割れた硝子の向こうに きっと真実があると
暗い窓辺に近付く 両手の疵をかざして

言葉さえも灰になる 焼け爛れてる心は
それでも何かを求めている 光に灼かれ続ける

Ah 突然に現われてゆく
Ah 確かなものを描く 目醒めた翼のように

時が告げる 誓い奏でよと
隠せない傷痕を 愛は望むけど

想いは舞う 永遠に気付かずに
声もない空が 終わる風を抱き締めるよ

与えられてきた物が 決して綺麗じゃない事
どこかで解っていても 自分を巧く騙して

ヴェールの下で微笑む 貴いだけの支配者
疑う事も夢も知らずに やがてその手に堕ちるの?

Ah そっと伸ばした掌で
Ah 溢れる哀しみから 生まれる記憶のように

共に刻む 闇に焦がれても
痛みは映し出せる 夜明けを知ってる

あなたがいる 永遠に導かれ
渇いた未来が 美しいまま幕を開ける

選ばれし者だけが 創り出す世界なら
徴ある者だけに 赦された願いなら

誰かが甘く囁く きっと真実があると
そしてあなたは気付く 裸足の疵を曝して

Ah 総てが変わり始めてく
Ah 駆け出す気持ちは今 目醒めた翼のように

時が告げる 誓い奏でよと
隠せない傷痕を 愛は望むけど

想いは舞う 永遠に気付かずに
声もない空が 終わる風を抱き締めてゆく

闇に焦がれても
痛みは映し出せる 夜明けを知ってる

あなたがいる 永遠に導かれ
渇いた未来が 美しいまま幕を開ける

時が告げる… 共に刻む…
あなたがいる