検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

スパイラル*パンセ

 
“失くした”と語るのも苛立って不愉快で
“最初からいなかった”と捩じ曲げた記憶
道化師を演じよう
残酷な真実はまだ眠らせておくよ
それで良いと思った

過去を暴くとき 傷を付けないで
剥がれ落ちてゆく“嘘”
変わらない「大好きだよ」聴こえるかい?
「どうして」は届かない

Ah 囚われの系譜は悲劇を招くのか?
守りたい…愛おしい…
なのに重なれないまま
愛と背中合わせて 泣くスパイラル*パンセ
駆られて…焦がれて…
また広がる孤独

あの夜の選択はおぞましい罪に塗れ
けれど譲れないもの 心に灯っていた

過去をほどくとき どうか責めないで
あふれだすぬくもりが
やさしく君を包み込むように
真実はそこにある

もう秘密の園には立ち止まってられない
後悔はない…戻れない…
時計は進んでいる
すれ違った数だけまた出逢えるのならば
見つめて…思って…
触れ合うだろう孤独

ずっと守られて それを望んでた
知らずに傷つけてた
変わらない「大好きだよ」聴こえるかい?
今はもう、聴こえてる

自由の扉をあけて どこに向かってゆく?
未来へ…願いへ…
過去を許しあうために―――

遠い日、囚われの系譜は悲劇を招いたね
守りたい…愛おしい…
なのに重なれなくて
愛と背中合わせて 泣いたスパイラル*パンセ
僕らはここから伝えあえるだろう
スパイラル*パンセ