Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

最低な夜のあと

 
東京の空を 眺めて歩いた
夢を抱き 壁にぶつかりながら

時を跨いで 辿った景色は
今少し滲んでいるけれど

寄せては返す波間に
明日への道を見つめている

ちぐはぐな 光と影に
カタチを変えていく未来

どれだけ 超えていけばいい
消えたい程に ひとりの夜を
それでも 止まらず行く
希望を抱く日も 失くす日も ただ走るだけの日も
ちゃんと逃げずに 歩いてきたの
まだ続く この空の下

人を知る程 喜びも知る
アノヒトの笑顔が正解になる
そんな答えも良いと思えた
また未来が色を変えたの

「そのうちなんとかなるさ」
そんな言葉は言えないけれど
少しだけ 力を抜いて
次の扉を開けていく

どんなに泣き喚いても
明日は変わらないでしょう
無駄な時間も良い
振り返れば良い
また前に進めるのなら

このまま

どれだけ 越えていけばいい
消えたい程に ひとりの夜を

何処まで 続くのかな
最低な日は 冷たい夜は
それでも 止まらず行く
失望する日も 笑う日も 戸惑いばかりの日も
ちゃんと逃げずに 歩いてきたの
朝陽がほら 温かい
こんな私も 悪くないね
まだ続け この空の下