検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

あゝ爾霊山

 
空飛ぶ鳥よ 何を啼く
つわもの共が 夢の跡
過ぎし日露の 戦いを
憶えば胸に こみ上げる
涙も熱き あゝ爾霊山(にれいざん)

名も無き花が 旅人に
応えて揺れる 古戦場
赫い夕陽に 照らされて
第三軍の 英霊も
眠るか此処は あゝ爾霊山

私はただ一介の観光バスの運転士であります、
だが日本人に変りはありません、皆さん想い出して下さい、
鉄血山を覆えし山形為に改まり、
わが乃木三軍が悪戦苦闘して占領したこの山の激戦を!
生き残った兵士は、打伏す戦友の屍を抱き上げ、
この山の頂上によじ登り
「オイッ戦友ッ、これを見ろ、203高地は占領したぞ、
お前の仇は立派に討ったぞ」
と閉じた両目をおし開き銃を握り締めた両手を挙げさせて
「万歳!万歳」男泣きに叫んだというその感激はどんなであったでしょう、
時に明治37年12月1日です。

万感共に 額ずけば
武勲(いさお)は高し 表忠塔
遥か見下ろす 旅順口
祖国の為めに ますらおが
戦史を飾る あゝ爾霊山