検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

夜桜哀歌

 
産まれた時代が 悪いのか
はぐれた自分の 性分か
俺にゃ 夜風のちょうちんが
お天道様だと 苦笑い
汗も涙も 泥水さえも
飲み干し酔えれば 酒だろう
夜桜ハラハラ 背に受けて
意地は男の 命火よ

一夜(ひとよ)のまくらに されていた
あいつを救った つもりでも
惚れた女と 生きるのを
許しちゃくれない 古い疵(きず)
連れて逃げてと すがった声が
奈落の底まで ついてくる
夜桜ハラハラ ふり向けば
痩せたあいつが 泣いている

崩れるしかない 泥船を
それでも漕ぐのが さだめだろ
二度と帰らぬ ふるさとは
こころの根雪に うめたのさ
石が浮かんで 木の葉が沈む
この世が俺には 似合いだろう
夜桜ハラハラ 見上げれば
夢は男の かがり火よ