検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

深夜0時

 
深夜0時のパーキング
ほのかに香る闇の向こう
星がひゅるり落ちて
君の頭にぶつかった

眼をパチクリさせて
思わずこぼしたセリフを
その吐息ごと覚えて
ふとした時浮かべるんだ

センチメンタルな声が
ほのかに聞こえる闇の向こう
星がひゅるり落ちて
やたら弾ける黄金色

キラキラの世界と
色付き始めた思いを
ポッケの奥詰め込んで
その、時までしまっておくよ

流星群のような街!
新しい炎天を探して
瞳の中に宿した
見たことのない色を見せて!

万々歳の夜に唄うよ
もう一回素顔で泣いて
先天性のダンスで踊るよ
呑気な顔で笑ってないで

「今すぐに
そう君なりに
その心を躍らせてくれよ」

「ああ、
それなりに、あたしなりに
もうどうにかなってしまいそうな夜を唄う」

深夜0時のパーキング
今日も微睡む闇の向こう
星がひゅるり落ちて
君の頭にぶつかった

眼をパチクリさせて
思わずこぼしたセリフを
その吐息ごと覚えて
ふとした時また思うよ

何光年の距離をさ
迸る思いを抱いて、また独りになって
それでもさ
したことのないことをしたいよ

臨界点を超えてけよベイベー
もう一切を投げ出して
全細胞でダンスを踊るよ
どうして?なんて要りやしないさ

「今すぐに
そう君なりに
その心を躍らせてくれよ」

「ああ、
それで終わりそれで始まる!
気付いてしまった理想の世界ばかり唄う」

何光年の距離をさ
迸る思いを抱いて、また独りになって
それでもさ
見たことのないもの見たいよ

流星群のような街!
新しい炎天を探して
瞳の中に宿した
見たことのない色を見せて!

万々歳の夜に唄うよ
もう一回素顔で泣いて
先天性のダンスで踊るよ
呑気な顔で笑ってないで

臨界点を超えてけよベイベー
もう一切を投げ出して
全細胞でダンスを踊るよ
どうして?なんて要りやしないさ

何を思い
何に戸惑い
どうしようもないことばかり唄うんだ

それでもいい
それでもいい
この心を躍らせたいの

「さあ、今すぐに
そう君なりに
その心を躍らせてくれよ」

「ああ、
それなりに、あたしなりに
もうどうにかなってしまいそうな夢を唄う」