検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

雨の鎮魂歌

 
悲しい噂をきいたとき 思いあたる気がしたわ
やさしすぎるあなたこわくて
いやな予感がしてたの
僕がそばにいないと だめな子なんだよ
私だってひとりじゃ だめなただの女よ
雨が素肌までぬらせば
恋も流してくれるの
どうかもっと強く降って
涙枯れるまで

誰か来るたびにふりむいた 待ちあわせの喫茶店
遅れがちのあなたを待って
胸ときめかせたものよ
決して君を嫌いに なったわけじゃない
いいのなぐさめないで よけいつらくなるわ
愛は何故消えてしまうの
時は何故もどせないの
雨よもっと強く降って
全て忘れるまで

一人ずぶぬれのまま 街をさまよえば
過ぎた日のやさしさが 数えきれないほど
雨よ音をたてはげしく
全て流してしまって
あれは若い日の夢だと
いつか思えるまで

雨よ(Let me know why it's to be over)
全て(Some kind of a dream I just made up)
あれは(It will be old days to remember)
いつか思えるまで