検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

この道

 
木漏れ日が 柔らかく
まなざしに ふれる日は
落ちたばかりの木の葉も
まだ命の片端

誰だってひとりでは
気づかないことがある
あなたがいたそれだけで
季節までも巡る

迷い悩み分かつ日々も
ふりむけばなんてわずか

この道の向こうに どんな空があるのでしょう
どこまでも歩いてみたい
いまはまだ見えない どんな明日あるのでしょう
いつか見てみたい 見てみたい

北風に 散るまいと
小枝にも 花が咲く
人の心の脆さを
嗤(わら)っているみたいに

放したくないもので
ふさがれた手のなかに
ひとつしかないものがただ
ひとつでもあればいい

思いの縁(ふち)をあふれだす
やすらぎは水のように

この道の向こうに どんな虹が架かるでしょう
どこまでも探してみたい
ふたりなら広がる どんな明日あるのでしょう
いつか見てみたい 見てみたい

この道の向こうに どんな空があるのでしょう
どこまでも歩いてみたい

いまはまだ見えない どんな明日あるのでしょう
いつか見てみたい

ふたりなら広がる どんな明日あるのでしょう
いつか見てみたい 見てみたい
見てみたい