検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

シンガロング

 
眩しさそれは 席を譲った
少年の誇らしげな顔
ちぎったパンの 大きい方を
弟に渡す少女のあの笑顔

中々理想に追いつけなくて
まだまだ愛まで届かなくって
だけどこの世界は腐ってると
白けて椅子に座り
何もしないやつにはなりたくない

僕は偉い人じゃないけれど
僕はすごい人じゃないけれど
君と一緒に歌を歌うだけで
強くなれる気がするんだよ

心は時に 都合がよくて
今を周りのせいにできる
してあげたこと 忘れずにいて
してもらったことは忘れるのだから

悩みごとにばかり目を配って
いるうちに夜が膨らんでゆく
夢や希望に裏切られてきたと
白けて椅子に座り
何もしない奴とは僕のことだ

ついつい僕たちは悲しみを
愛してしまう生き物だから
朗らかさこそ全ての光だと
信じて声をかけ合おう

神様っていう夢、幻、天井?
初恋っていう輝かしい戯言?
人生っていう謎、迷宮、現象?
もしもたった一つだけ明確な答えが
あるとするのなら

君と僕が愛と愛でしか
お互いを守れぬことを知り
弱く小さな人と人であれたなら
ずっと仲良しでいられる
君と一緒に歌を歌うだけで
強くなれる気がしたから