Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

針と棘

 
どこで憶えたの そんな上手になるまで
それくらい 人傷つけるのはお手の物

習った覚えは 特にはないのに
むしろ 鍛えてきたのは 逆のはずなのに

僕がいけないの? 僕がいけないの?

これはつまりは先天的才能
誰が真似しようとも 及ばぬほど

そう言っておいたら またやらかしても
許されやしないかな などと思ってます

もう涙が出てきた 何しにやってきた
どんな色かも 見るのも恐い

言葉の針を 抜いてください
心の棘を 剥いてください
あなたの愛に みつめられて
それを麻酔に 剥いてください

どうか幸せでありますようにと
願う人であるほど 切り刻んで

この期に及んで もうどういうわけだか
少しかわいそうな僕 などと思っています

今日はどんな僕で 慰めてみよう
「それに気付いただけでもさ 君は優しいよ」

いいね その調子 あと二つ三つあれば
明後日の夜くらい までは 生きられるかな

もっとくれないかい もっとくれないかい

涙はどこいった 僕を置いて枯れてった
笑える話の一つもせずに

言葉の針を 抜いてください
心の棘を 剥いてください
その時 溢れ出す赤い血を
この世のてっぺんから 降らしてください

さぁ 浴びて 浴びて 浴びて

あなたの中で吹いた風は
あなたの中で光った種は
ルルル ルル ルル ルル ルル ルル
言葉になるのを拒んだあなたの



言葉の針を 抜いてください
心の棘を 剥いてください
あなたの愛に みつめられて
それを麻酔に 剥いてください

言葉の針を 抜いてください
心の棘を 剥いてください
それが叶わない 願いならば
強く奥深く 貫いてください
あなたの中で 光る種に