Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

かぞくのじかん

 
この頃やけに思い出す風景がある テレビゲームが来た頃の我が家のこと
「目が悪くなるから もっと離れてやりなさい」かあさんの声が響く
運動会の時のオヤジは困ったもんで 僕がリレーで走る順番になると
ピストルの音も聞こえないほどに オヤジの「がんばれ」が響いた
夕暮れ時のタマネギの匂い 大好きだった
陽が落ちるその前に駆け足で帰った
優しくて 優しくて いつでも味方で
「ただいま」と「おかえり」を当たり前に受け止め
こんな日が永遠に続くものだと信じていた 我が家の晴れの時間

ようやく僕にも彼女が出来た頃 我が家は兄貴の受験で揺れていた
わかりやすい僕は無事に反抗期迎え かあさんを泣かしてばかり
そんな時オヤジはいつもタバコをくわえ 我関せずとばかりに天井を眺め
吐き出す煙に 先が見えてる自分の人生を重ねるように見ていた
ある日のこと 些細なことで 僕は苛立って
食卓をめちゃくちゃにして 家を飛び出した
優しくて 優しくて 遠ざけてしまった
本当は 本当は 分かってほしいのに
泣きながら晩ご飯を片付ける母を覚えてる 我が家の曇りの時間

遠い遠いそんな昔のことを 東京の空で思い出している

ベランダでタバコを吹かしながら 先の見えない自分の人生を見つめてた
あの日の オヤジの様に

あのときも そして今も まだ伝えてないんだ
「ありがとう」「ごめんね」 今なら言えるのに
ため息に混ぜた煙 今度は強く吐き出した まだ間に合うのかな
明日の朝 オヤジ達が新幹線を乗り継いで
東京の僕の家に遊びに来るらしい
世界一のスカイツリー 連れて行こうと思うんだ
家族で見上げる空 煙よ舞い上がれ
我が家の晴れの時間