Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

ぐてんぐてん

 
切なさを写し出す空をながめ
六月の雨浴びて街に出る
今は見れない君の笑顔を思い
あてもなくウインドーの靴ながめ
俺はガラスに写った自分のつらに
情けねぇって一言いった

うわべの陽気すら作れずに
ジョークの言葉さえシャレにならねぇ
行き慣れた店のグラスの酒で
これ以上時を止めないでくれ
俺は一人夜明けの街を
肩をまるめ歩き出す

ぐてん ぐてん ぐてん 俺は
ぐてん ぐてん ぐてん
ぐてん ぐてん ぐてん 俺は
ぐてん ぐてん ぐてん
心に染みる悲しさひきずっても
何にも帰っちゃこないさ

悩んで悩みまくっていたとこで
しょせん一人芝居の結末さ
わかっていても考えちまうのさ
わかっていても空を見上げちまって
俺はこぼれる寂しさ顔を
六月の雨に叩きつける

ぐてん ぐてん ぐてん 俺は
ぐてん ぐてん ぐてん
ぐてん ぐてん ぐてん 俺は
ぐてん ぐてん ぐてん
心に染みる悲しさひきずっても
何にも帰っちゃこないさ

ぐてん ぐてん ぐてん 俺は
ぐてん ぐてん ぐてん
ぐてん ぐてん ぐてん 俺は
ぐてん ぐてん ぐてん
心に染みる悲しさひきずっても
何にも帰っちゃこないさ