Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

ざんげの値打ちもない

 
あれは二月の 寒い夜
やっと十四になった頃
窓にちらちら 雪が降り
部屋はひえびえ 暗かった
愛と云うのじゃないけれど
私は抱かれて みたかった

あれは五月の 雨の夜
今日で十五という時に
安い指輪を 贈られて
花を一輪 かざられて
愛と云うのじゃないけれど
私は捧げて みたかった

あれは八月 暑い夜
すねて十九を 越えた頃
細いナイフを 光らせて
にくい男を 待っていた
愛というのじゃないけれど
私は捨てられ つらかった

そうしてこうして 暗い夜
年も忘れた 今日のこと
街にゆらゆら 灯りつき
みんな祈りを するときに
ざんげの値打ちもないけれど
私は話して みたかった