検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

七色と如雨露とキミとボク

 
雨上がりの空にみた 虹が忘れられなくて
ブリキの如雨露で虹を描くよ
隣で微笑むキミの為だけに“雨の弓”を
架けてみせるよ 夏の空の下

永遠じゃなく 儚く消える
あの七色でハートを打ち抜きたくて

世界で 一番 美しく 輝いた 七色(なないろ)、ほら
描いた 瞬間 手を伸ばし 掴もうとするけど、また
掴めないそれは、キミによく似ていて いつもボクの手、すり抜ける

そういえばキミとボクの 初めての約束の日
天気予報は全く外れて
突然降り出した雨 コンビニの安い傘を
二人でひとつ雨をしのいだね

結局はすぐ 雨はあがって
空見上げたら 大きな虹が架かっていた

世界で 一番 美しく 輝いた 七色(なないろ)を見た
無邪気に 見上げる 君の顔 そっと見て恋に落ちた
無意識にキミが微笑むその姿が ずっと忘れられなくて

もしもキミの世界が 暗闇に満ちても 心にあの虹描くよ

世界で ひとつの 美しく 輝いた 七色(なないろ)、今
描いて 微笑む 君めがけ 放つのさ…そんなことを
考えているよ 空っぽの如雨露に 想い注いだ夏の日