Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

東京、40時29分59秒

 
昔。
新宿駅裏には空地が在って、
フェンスで戯れる風が帰り道だった。
地下道。
駆け抜けて茜空。
都会の匂い。
あの頃とさして変わらない。
ああ、いいね。

東京は黄昏れて、赤い光がビルを濡らす。
点しだす街灯に、人影は皆、夜へ急ぐ。

今。
この幸せに意味はあるのでしょうか?
引き換えに無くしたのは何なのでしょうか?
そして、季節は目まぐるしく映り変わり、
答えは、もう、いらなくなった。

数えきれない嘘を誰かの為に口ずさむ。
『違う』、けれど『同じ』日々を生こう。

東京は黄昏れて、赤い光がビルを濡らす。
さんざめく街角に、人影は只、消えていった。

夕映えに沈む、東京を見てた。
どこまでも沈む、東京を見てた。

歩き出す。
自分らしく。
後悔も大切に。
色褪せた人生なら、
それもまたいいものさ。
いつか見た夢なら、
きっと誰かが自分の代わりに叶えてくれるんだろう。
素晴らしきこの東京で。

素晴らしきこの東京で―――――。