Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

お吉物語

 
泣いて昔が 返るなら
なんで愚痴(ぐち)など 言うものか
花のいのちは 一度だけ
よしておくれよ 気休めは

(セリフ)
「なにもかもおしまいなんだ。
でもさ、わたしにゃわかったのさ。
どんなに男を憎(にく)んだって、女は女、
女ひとりじゃ暮らせないってことがさ。
世の中を渡り歩いて、しみじみそう思ったんだよ。
わたしだって女だものねぇ……」

夢も見ました 恋もした
二世を誓(ちか)った 人も居た
娘ごころの 紅つばき
どこでどなたが 折ったやら

(セリフ)
「ハリスさんも死んだ。鶴さんも死んだ。
今度は、わたしの番なんだ。
今のわたしは、穴のあいた
三味線(しゃみせん)みたいなものなんだ。
どんなにつくろって見たって、
もう昔の音(ね)なんか出やしない。
…お酒だよ。お酒おくれッー」

辛(つら)い浮世(うきよ)の 路地うらで
毒と知りつつ 呑むお酒
下田港(みなと)の お月様
明るすぎます お吉には