Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

夜想曲

 
“ひとつだけ許されるなら...” 遠ざかる夜明け

行き場所は決められていない 孤独の置き場もない
握った手は 求めるほどに もつれて

消えることない記憶の痕に 幼い君が住む
守るための刃(は)をとがらせて 報われぬ愛に捧げよう

雲の間に 月は満ち欠け 微かな願い途切れても
引き裂かれ やがてまた引き合う それが必然なら...

ひとつだけ 許されるなら ただ 傷を分け合いたい
僕らはどこへ向かうの? 遠ざかる夜明け

君の目を その頬を 悲しみが濡らさぬように
照らしていよう この路に 沈まぬ陽が射すように

執着(すが)るのは 怖いからじゃない 失うものなどない
もたれかかる君を包んで 眠りたい

音もなく 砂は流れて すべてが過去に変わっても
漆黒の空は さらに深く 二人だけを隠す

この命 続いてくなら 君のためだけに生かされるだけ その最期まで

ひとつだけ 許されるなら ただ 傷を分け合いたい
答えはもう探さない 果てのない夜へ...

君の目を その頬を 悲しみが濡らさぬように
照らしていよう この路に 沈まぬ陽が射すように