Uta-net

上半期ランキング

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

トップ画像1。
2019年1月1日〜2019年6月13日の間に「歌ネット」で歌詞検索された全てのデータを集計!今回の特集では、歌ネットだからわかる2019年上半期のヒット曲に注目です!
Lemon/米津玄師
 歌ネットで上半期もっとも歌詞が見られた楽曲は、米津玄師の「Lemon」(2,269,609回)です。同曲は、2018年3月14日リリースのシングルタイトル曲であり、昨年1月~3月に放送された“石原さとみ”主演ドラマ『アンナチュラル』主題歌として大ヒット。なんと2018年の上半期ランキング&年間ランキングの首位獲得に続き、2019年上半期ランキングでも1位に輝きました。同じ楽曲が2年連続で首位を獲得するのは、歌ネット史上初。

 現在、累計で850万回以上のアクセス数を記録している同曲。まず、ウィークリーランキングの2018年2月19日付~11月19日付で、40週連続1位を独走。さらに紅白出場決定&放送後の影響で2018年12月31日付~2019年2月4日付にて、6週連続1位。そして2019年4月1日付~5月20日付でも、8週連続1位。平成の終わりから令和の始まりにかけて、様々な音楽番組で“平成の音楽史のヒット曲”として「Lemon」が紹介された影響が大きいでしょう。こうして3度に渡って“首位独走”を記録したのです。

 尚、未だウィークリーTOP5内にランクインし続けている「Lemon」ですが、一方で2019年6月3日にリリースされたばかりの米津玄師の新曲「海の幽霊」がアクセス上昇中。また、米津玄師が作詞・作曲・プロデュースを手がけた菅田将暉の新曲「まちがいさがし」(2019年5月14日発売)も然り。いずれの楽曲もウィークリーTOP5内にランクインしております(6月10日付)。楽曲提供という形も含め、新時代・令和でも米津玄師は音楽シーンの<光>となりそうです。
最新ドラマ&映画の主題歌が続々と歴代人気曲に!
 今回のランキングでは、2019年上半期ドラマ&映画の主題歌が多数ランクイン。2位のback number「HAPPY BIRTHDAY」はドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌。首位を6週連続で独走していた米津玄師とバトンタッチする形で、2019年2月11日付~3月25日付ウィークリーにて7週連続首位を記録しました。また、3位のKing Gnu「白日」はドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』主題歌。16位のDREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」はドラマ『まんぷく』主題歌。20位の宮本浩次「冬の花」はドラマ『後妻業』主題歌です。いずれも短期間で歴代人気曲に認定されております。

 そして、現在もっとも勢いが強いのは、7位のOfficial髭男dism「Pretender」です。同曲は、映画『コンフィデンスマンJP』主題歌として書き下ろされ、2019年5月15日にリリースされたばかりにも関わらず、すでに上半期のTOP10入り。令和に突入してからも首位を独走していた米津玄師をついに抑え、2019年5月27日付~6月10日付のウィークリーで3週連続で首位を記録中! 新たな夏ドラマや最新映画の主題歌への期待も高まるランキングの結果となりました。
上半期アーティスト別ランキングTOP10
順位
アーティスト名
アクセス数
1
米津玄師
6,284,698
2
back number
6,055,309
3
あいみょん
4,142,498
4
3,499,304
5
Mr.Children
1,813,665
6
RADWIMPS
1,637,642
7
King Gnu
1,413,548
8
ONE OK ROCK
1,380,769
9
西野カナ
1,331,717
10
GReeeeN
1,325,765
King Gnu(キングヌー)
東京藝術大学出身で独自の活動を展開するクリエイター“常田大希”が2015年にSrv.Vinciという名前で活動を開始。その後、メンバーチェンジを経て、常田大希(Gt.Vo.)、勢喜遊(Drs.Sampler)、新井和輝(Ba.)、井口理(Vo.Key.)の4名体制へ。2017年4月、バンド名を“King Gnu”に改名し新たなスタートを切りました。そんな彼らのブレイクのきっかけとなったのが、楽曲別3位の「白日」です。2019年2月22日にリリースされた配信限定シングルであり、ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』主題歌として書き下ろされた楽曲。すでにリリース時から人気のある楽曲ではありました。ただ、4月26日に(金)放送の平成最後の『ミュージックステーション』に出演し、同曲を披露したことで、圧倒的なパフォーマンスが話題となり、いっそう歌詞アクセス数が上昇。歌詞の総アクセスは、100万回に迫る勢い。MVの再生数は、3000万回を突破!彼ら史上最大のヒット曲となったのです。今回のアーティスト別ランキングでは、昨年の圏外から7位へ大躍進。今後のさらなる新曲にも期待が高まりますね…!

Digital Release『白日』
2019年2月22日配信
  
Official髭男dism
山陰発4人組ピアノPOPバンド。2012年6月7日結成、2015年4月にメジャーデビュー。愛称:ヒゲダン。このバンド名には髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けて行きたいという意思が込められております。そんな彼らは、映画『コンフィデンスマンJP』主題歌として書き下ろした「Pretender」(楽曲別7位)が大ヒット!2019年5月15日にリリースされた同曲は、5月10日(金)放送の『ミュージックステーション』で披露されると、一気にアクセス数が急上昇!現在はウィークリーの首位を独走しており、ヒゲダン旋風を巻き起こしています。Twitterでは首位君臨に対し「嬉しい!おめでとう!」の声と共に「紅白が見えてきた…!」とのコメントも多数。令和初の紅白には彼らの姿がありそうですね…!尚、来たる2019年7月31日には“熱闘甲子園”テーマソング「宿命」を収録したニューシングルのリリースも決定!

3rd Single『宿命』
2019年7月31日発売