Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞
  • 作詞
  • 作曲

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

スターマーカー

スターマーカー

このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 74,027
 
当たり前が照らす眩しさに
瞼を閉じた君のこと
誰の目にも触れない影に
ひと粒の光をそこに

迷い戸惑い 夢の瞬きに
流れ星が頬を伝っても
拭い去ってくれるくらいの
ひと鳴りの音色を君に

変えられない過去に色を塗っていく
きっと未来七色 片手にパレット
笑ってみせてよ

たったひとつだけ
願ってるんだ いつだって
最低な夜を抜けて
点と点線で繋ぐ
それぞれの星に灯るライト オールライト

どれくらい暗い深い真夜中に潜れば君に出会えるか
同じ分だけの寂しがり 強がりの迷路の中で

右左間違い また戻って進め
きっと曲がり角で 坂登った先で 見つけてみせるよ

たったひとつでも
構わないさ いつだって
最低な夜を抜けて
目と目 耳と声 繋ぐダンスフロアで
踊ろう さぁ夜が明けるまで

醒めない夢の途中で君が手挙げたなら
ずっとその手掴んで離しはしないぜ
笑ってみせてよ

たったひとつだけ
願ってるんだ いつだって
最低な夜を抜けて
見違い 勘違い 間違いじゃなくって
心から笑えるように
たった一度だけ 一瞬のきらめきだけ
そんなやわな祈りじゃない
段違いに信じたい 飛び越えてもう一回
狭んでく君の視界を 僕らの世界を広く