Uta-net

今日のうた

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

関取花

甘いフレーズを頬張って、君のえくぼのとなりへと向かう。

ああ 麗らかすぎる 今日に変わって行くんだよ
ああ 太陽の君に 包まれて行くよ
「太陽の君に」/関取花


 2019年5月8日に“関取花”がメジャーデビュー作品となるミニアルバム『逆上がりの向こうがわ』をリリースしました。冒頭でピックアップしたのは、今作の入口となるリード曲。歌詞も歌声もまさに太陽のような明るさ、朗らかさが溢れる1曲となっているんです。さらに今日のうたコラムでは、2曲目に続く収録曲「春だよ」をご紹介いたします。

花が咲いたんだ 見せてあげたいな
なんて思いながら 浮かべた君の顔

胸ポケットの中 しぼんでいた風船に
穏やかな風が吹いた

忘れかけてた 柔いつぼみが
弾け飛んでしまったなら止められないな
「春だよ」/関取花

 1曲目「太陽の君に」の温度感をまといつつ、さらにワクワク・ウズウズする高鳴りや、光の中を駆け抜けてゆくような疾走感、生命力に満ちているのがこの歌。きっと最近の主人公の心も“季節の変わり目”だったのでしょう。ちゃんと春を迎える準備が出来ていた。だからこそ<花が咲いたんだ>という気づきが、変化のスイッチになったのです。

 ふと<花が咲いたんだ>と気づくと、次に胸の内に浮かんだのは<見せてあげたいな>という気持ちと<君の顔>でした。もしかしたら<花が咲いた>とは、自身の夢や目標が叶ったことを意味しているのかもしれませんね。そして、そんな嬉しさを共有したいひとは<君>だと実感したとき、<胸ポケットの中 しぼんでいた風船>に吹く穏やかな風。

 弾け飛ぶ<忘れかけてた 柔いつぼみ>。心身に湧き上がってくるエネルギー。こうして主人公の心にもついに“春=変化のとき”が訪れたのです。歌はその<止められない>想いの勢いのままにサビへと突入してゆきます。

淡いブルーの列車に乗って
木漏れ日のアーチをくぐって会いに行くよ
甘いフレーズを頬張って
君のえくぼのとなりへと向かう
春だよ
「春だよ」/関取花

 新しい自分で、想いに正直に、<君のえくぼのとなりへと向かう>姿が見えてきそう。また<淡いブルーの列車>は、海や空を映しながら走っているかのようで、無限の可能性の広がりを感じさせてくれます。<木漏れ日のアーチ>は、まるで祝福と希望の象徴。そんなひらけた“未来”への確信が<春だよ>という一言に込められているのではないでしょうか。

履きもしないまま しまっていた
真っ白なスニーカーで飛び出すから

何してるかな 笑ってるかな
想像だけじゃわからないとこ知りたいな

淡いブルーの列車に乗って
書きかけの手紙の続きを確かめに行こう
浅いドリームも胸張って 思わず叫んでしまいたくなる
春だよ
「春だよ」/関取花

 歌が進むにつれ、ますます主人公の“変化”は確かなものとして描かれてゆきます。あの頃は<真っ白なスニーカー>を<履きもしないまま しまっていた>。手紙だって<書きかけ>だった。まだいろんなことに自信がなかったから。だけど“春”を迎えた今。止まっていた日々を自ら動かすのです。やっと<浅いドリームも胸張って 思わず叫んでしまいたくなる>くらいの自分になることができたのです。

淡いブルーの列車に乗って
木漏れ日のアーチをくぐって会いに行くよ
甘いフレーズを頬張って 
君のえくぼのとなりへと向かう

春だよ

春だよ
「春だよ」/関取花

 咲いた花も、叶った夢も、春の訪れも、少し自信をつけた自分も、大切な<君>に伝えたい。その真っ直ぐな気持ちに突き動かされてゆくのが、関取花の「春だよ」です。ちょっと心が憂いがちな方。是非、この歌を聴いてみてください。春の生命力があなたの心にも注がれて、ほんの少し上向きになれるかもしれません…!

◆紹介曲「春だよ
作詞:関取花
作曲:関取花

◆Major Debut Mini Album『逆上がりの向こうがわ』
2019年5月8日発売
初回生産限定盤 UMCK-7011 ¥2,500(税込)
通常盤 UMCK-1621 ¥1,800(税込)

<収録曲>
1.太陽の君に
2.春だよ
3.僕のフリージア
4.休日のすゝめ
5.カメラを止めろ!
6.嫁に行きます