検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

奥華子

君は今頃、誰かの隣りで「寒いね」なんて言ってるのかな。

 2018年11月26日に“奥華子”がシングルとして初のクリスマスバラード「クリスマスの夜」を配信リリースしました。今日のうたコラムでは、平成最後のクリスマスを迎えようとしている今の時期にピッタリであり、リスナーの方々から「今の自分の気持ちそのもの」「一人ぼっちのひとに寄り添ってくれる」などの声が届いているこの曲をご紹介!

Merry christmas
今はまだ忘れることなんて出来そうもないけど
Silent night 今日は願うよ
僕は君が好きだよ だから君よ幸せになれ
「クリスマスの夜」/奥華子


 今、主人公の<僕>は「Merry christmas」=「楽しいクリスマスを!」なんてテンションとは、ほど遠い想いでおります。何故なら、かつて恋人だった<君>とはもう別々の道を歩くことになってしまったから。しかも<僕>のほうはまだ<君が好き>であり<忘れることなんて出来そうもない>から。切なく哀しく苦しい<Silent night>です。
 
 もちろんそんな気持ちに陥るのは、今夜に限ったことではないでしょう。でも、華やかな街並のせいで、いつもより自分の暗闇が際立ってしまいそう。せめて、クリスマスの日くらいはこの情けなさも美しくありたい…。だからこそ、未練はある<けど>、なんとか<今日は>、今日だけは、<君よ幸せになれ>と願っているのではないでしょうか。その願いには少なからず“強がり”が含まれているように感じられますね。

粉雪が降り積もる街で 君と手を繋いで歩いてた
「寒いね」と言える事が どれだけ幸せか知らなかった

君は今頃 誰かの隣りで「寒いね」なんて言ってるのかな
その一瞬だけでも 僕を思い出すかな
「クリスマスの夜」/奥華子

 続く歌詞で描かれているのは<粉雪が降り積もる街で 君と手を繋いで歩いてた>幸せな頃の回想と、その関係がすっかり溶けて消えてしまった現実です。大切なひとに「寒いね」と言える事が<どれだけ幸せ>だったかを今さら思い知りながら、同時に<君は今頃>新しい恋人の隣で「寒いね」と言っているのだろうかと想いを馳せる<僕>…。
 
 つまり<君は今頃>ちゃんと“何気ない幸せ”のなかにいるのだろうかと考えているわけです。それは一見、冒頭サビの<君よ幸せになれ>という願いに繋がりそうですが、おそらくそうではありません。<僕>はその「寒いね」のひとことで“何気ない幸せ”を新たに感じてほしいわけではないのです。そこから“僕を思い出してほしい”のです。

Merry christmas
雪はまだ 僕の胸の中で 溶けそうもないけど
Silent night 情けないほど
僕は君が好きだよ だから君よ幸せになれ

街路樹に光るイルミネーション
ヘッドライトが紛れて揺れている
「綺麗だね」君の声が聞こえた気がした
あの日のように

君じゃなければ意味がないことを
何をしていても 思い知るんだよ
偶然でもいい もう一度 君に会いたい
「クリスマスの夜」/奥華子


 歌詞を読み進めていくと、いっそう<君よ幸せになれ>の“強がり”が色濃くなってゆく様子が伝わってくる気がします。「寒いね」と言える事の幸せも、「綺麗だね」と言った<君の声>も、<街路樹に光るイルミネーション>と<ヘッドライト>が合わさったかのように眩しい<あの日>も、すべてまだ<僕の胸の中で>溶けそうもない記憶です。

 積もりに積もった<雪>のように、記憶が胸一面に広がっているのでしょう。何より<僕は君が好きだよ>という現在進行形の想いや、<もう一度 君に会いたい>という希望が途絶えない限り、この恋の<雪>は降り止まないのだと思います。それなのにどうして心から“他の誰か”と<君よ幸せになれ>だなんて願うことができるでしょうか。

愛は消えないままで
キャンドルの明かりが こんなにも切なくて
二人出会えたことも
別れたこともすべてに 意味があると信じてるから

Merry christmas
今はまだ忘れることなんて出来そうもないけど
Silent night 今日は願うよ
僕は君が好きだよ だから君よ幸せになれ
「クリスマスの夜」/奥華子

 しかし、やはり今夜はクリスマス。愛が消えなくたって、今はまだ忘れることなんて出来そうもなくたって、今日は<二人出会えたことも 別れたこともすべてに 意味があると信じて>幸せを願うのです。たとえ明日には、また切なく哀しく苦しくて、情けない想いが勝ってしまうとしても、クリスマスの夜だけは、ただただ<君よ幸せになれ>と。
 
 そんな胸が締め付けられるような1曲ですが、強がりでも「あなたが幸せになれますように」と願えるひとがいるクリスマスも、人生の一幕として、なんだか素敵ですよね…。最近、失恋してしまったひとも、忘れられない恋が胸の内にあるひとも、是非その想いを重ねながら、奥華子「クリスマスの夜」を聴いてみてください。

◆紹介曲「クリスマスの夜
2018年11月26日配信
作詞:奥華子
作曲:奥華子