検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

back number

デコボコしてても、並んで歩けば、この道がいいと思った。

 2018年11月21日に“back number”がニューシングル「オールドファッション」をリリースします。タイトル曲は、金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』主題歌として書き下ろされました。若年性アルツハイマーにおかされる女医(戸田恵梨香)と、彼女を明るく健気に支え続ける元小説家の男性(ムロツヨシ)の10年にわたる愛の奇跡を描く物語…。

よく晴れた空に 雪が降るような
ああ そう 多分そんな感じだ
変な例えだね 僕もそう思うよ
だけど君はそんな感じだ

一体どこから話せば
君という素敵な生き物の素敵さが
いま2回出た素敵はわざとだからね
どうでもいいか
「オールドファッション」/back number

 そんなドラマを彩るのが、この主題歌です。まるで<君>自身に<君>はどんなひとなのかを懸命に伝えようとしているかのような幕開け。もちろんヒロインが記憶を失いゆく病であることは関係しているのかもしれません。でもわたしたちも、自分が自分でよくわからなくなったり、いつの間にか相手の心を見失っていたりすること、ありますよね。

 そうしたとき<僕>は、改まって<君>に“君は<よく晴れた空に 雪が降るよう>だ”と伝えるのです。きっと<君>は、快活で気持ちが良い心の持ち主であり、一方で雪が降るときの不思議な高揚感や静けさ、氷の結晶のような凛とした美しさも感じさせるひとなのでしょう。それはもう<素敵>というワードを<わざと>2回も出したくなるほどに。

単純な事なんだきっと
比べるまでもないよ
僕に足りないものを全部
君が持ち合わせていたんだ
悲しくなるくらい
ああ それを今数えてた所だよ

不安とか迷いでできている
僕の胸の細胞を
出来るなら君と取り替えて欲しかった
花は風を待って
月が夜を照らすのと同じように
僕に君なんだ
「オールドファッション」/back number

 さらにサビでは<僕に足りないものを全部>持ち合わせていたのが<君>だと、熱量を上げて届けます。もしも<不安とか迷いでできている 僕の胸の細胞>と取り替えたとしても、そんなもの<君>ならあっという間にどうにかできちゃうだろうと。また、ここで<胸の細胞>と表現しているところが、なんだか“<僕>らしい”気がしませんか?
 
 つまり<僕>は“脳”でも他の何でもなく、相手の<胸の細胞>と向き合っているのです。それが<僕>というひとなのです。人間は他者の話をするとき、自然と自分自身もこぼれるもの。たとえば<君>を表す言葉をごちゃごちゃと<ああ そう 多分そんな感じだ>と腑に落ちるまで考えてみたり。あえて<君という素敵な生き物の素敵さ>なんて伝え方で照れ隠しのようなユーモアを交えてみたり。

 でも、いつだって<僕に君なんだ>という想いは真剣だったり。フレーズの節々から<僕>が<持ち合わせて>いる、言葉に対するこだわりや、相手を思わず笑顔にさせてしまう伝え方や、相手の<胸の細胞>と丁寧に向き合う力や、深い愛情がこぼれ伝わってきますよね。この歌には<君>の魅力と同時に<僕>という<素敵な生き物の素敵さ>も詰まっているのではないでしょうか。

デコボコしてても 並んで歩けば
この道がいいと思った

お祝いしようって君が
なんにも無い日に言い出すのは決まって
僕がバレないように落ち込んだ時だ
不甲斐ないね
「オールドファッション」/back number

 そんな素敵な二人だから<デコボコしてても 並んで歩けば>この道“で”いいのではなくて<この道がいい>と言い切ることができるのだと思います。そんな素敵な二人だから、なんにも無い日に<お祝いしようって>言い出す片方の優しさと、その優しさの真意に気づくもう片方の優しさで、支え合いながら進んでゆけるのだと思います。

僕と見た街は夜空は
どう映っていたんだろう
君は後悔していないかな
ねぇちょっと
そんなのどうだっていいの
ドーナツ買って来てよって
君なら ああ そう言うだろうな

単純な事なんだきっと
誰がなんと言おうと
どれだけの時間が命が巡ったとしても
風は花を探して
夜と月が呼び合うのと同じように
君には僕なんだ
「オールドファッション」/back number
 
 そして終盤に登場するのが、タイトル「オールドファッション」に繋がる<ドーナツ>です。これは<不安とか迷いでできている 僕の胸の細胞>から生じるいろんなモヤモヤを一瞬で笑い飛ばしてくれる<君>の存在そのものと言えるでしょう。さらに「オールドファッション」とは、余計な装飾のないシンプルなザ・ドーナツですよね。そのシンプルさは<単純な事なんだ>と歌われる“答え”に重なります。
 
 記憶がどうだとか関係ない。誰かの正論も時間も関係ない。ただ単純に、当たり前のように、僕に君なんだ。君には僕なんだ。そんな、シンプルだからこそ難しくて、難しいからこそ美味しい愛の在り方が描かれているのが、back number「オールドファッション」なのです。素敵なこの歌の素敵さが、あなたやあなたの大切なひとに届きますように…!

◆紹介曲「オールドファッション」
作詞:清水依与吏
作曲:清水依与吏

◆19th single「オールドファッション」
2018年11月21日発売
初回限定盤 UMCK-9977 ¥1,800(tax out)
通常盤 UMCK-5664 ¥1,000(tax out)

<収録曲>
1.オールドファッション 
2.サマーワンダーランド
3.Jaguar
4.オールドファッション(instrumental)
5.サマーワンダーランド(instrumental)
6.Jaguar(instrumental)