検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

reGretGirl

「また僕を好きになりますように」と願っているだけ。

もう帰ろう
ふたり出会った頃に
手を繋ぐだけで鼓動が高鳴っていたあの頃に
「Shunari」/reGretGirl

 そんなフレーズで幕を開けるのは、2018年10月17日に“reGretGirl”がリリースする2ndミニアルバム『take』の収録曲「Shunari」です。現在、歌詞先行公開中。冒頭のフレーズだけ読むと<ふたり>はただの倦怠期で、まだ可能性があって、だからこそ主人公は<君>に出会った頃の初心へ<もう帰ろう>と語りかけているように感じられますよね。しかし、残念ながらそうではありません。ふたりはもう、終わっているのです…。

ふたりの写真を消す覚悟はまだない
不意に見返してまた苦しくなる
君はこうやって見返すこと無いんだろうな
ていうかすでに全部消したんだろうな
できるだけ嫌な出来事を思いだそうとするも
それさえも愛おしくなってしまう
何やってみてもどう過ごしてみても
意味なくて
結局君にまた会いたくなる

いちいち頭の中を駆け巡る君に追いつけなくて
ほっておいたらそのうち頭から飛び出していかないかな
なんて考えているうちは消えないよな
「Shunari」/reGretGirl

 この曲はすでにMVが公開されていて、リスナーの方々からは「歌詞が重なり過ぎて泣いた」「めちゃくちゃ刺さるし全くその通り過ぎてつらい」「自分の状況と感情に当てはまりすぎて」など、痛切な共感の声が非常に多く届いております。描かれているのは、それほどにド直球な失恋の苦しみ。<ふたりの写真を消す>くらいじゃ忘れられないけど、<ふたりの写真を消す覚悟>さえないようじゃ尚更、忘れられないんですよね。

 <僕>は今そんな、消せない、消えない、ツラさの上に<君はこうやって見返すこと無いんだろうな ていうかすでに全部消したんだろうな>という“消される”哀しみも抱え、もはや三重苦状態です。残酷に伝わってくる、別れたふたりの温度差…。ちなみに、失恋した心が回復していくには【拒絶】→【怒り】→【取引】→【抑うつ】→【受容】という5つのステップがあるんだとか。

 そこで<僕>もまた【怒り】の段階に進むため、意識的に<できるだけ嫌な出来事を思いだそうとする>のですが<それさえも愛おしくなってしまう>という有様。むしろ<何やってみてもどう過ごしてみても 意味なくて 結局君にまた会いたくなる>と愛情を改めて確認してしまっております。<ほっておいたらそのうち頭から飛び出していかないかな なんて>考えてしまうほどに、頭の中は<君>だらけなのです。

色違いでつけてた携帯電話のケースも
きっと僕だけがまだずっとつけていて
ふたりで作ったアルバム
まだ増えるだろうからって
白紙のページとか作るんじゃなかったな

誕生日にフラれかけた事も
バイト先まで謝りにいった事
その後に食べたプリンの味も
そういえば
「Shunari」/reGretGirl

 さらに歌詞が進むにつれ、記憶は次々と溢れ出してきます。いい加減<ふたりの写真を>消さなきゃと、携帯を取り出すたびに<色違いでつけてた携帯電話のケース>を目にしてズキン。その携帯を開いて、写真を<不意に見返して>いるうちに<ふたりで作ったアルバム>も思い出して手に取り、<まだ増えるだろうからって>作った<白紙のページ>を目にしてズキン。そうやって「そういえば…」「そういえば…」を繰り返し、思い出スパイラルに陥ってゆくのでしょう。

 また、歌詞をよく読んでみると<僕>は【~だろうな】や【きっと~】といった言葉を使っていますよね。それは「きっともうダメなんだろうな、でも、もしかしたら…」という期待の欠片の象徴なのかもしれません。戻ってきてくれるかも、まだ可能性はゼロじゃないかも、と思ってしまうから<ふたりの写真>も<色違いでつけてた携帯電話のケース>も<ふたりで作ったアルバム>も手放すことが出来ないのではないでしょうか。

もう帰ろう
ふたり出会った頃に
手を繋ぐだけで鼓動が高鳴っていたあの頃に
無くせない 失くしたくない
でも取り返せないから
「また僕を好きになりますように」と願っているだけ
「Shunari」/reGretGirl

 その期待の欠片が、もっと大きく歌詞に表れているのが、サビ部分です。もう帰れないとわかっているのに<もう帰ろう>と呼びかける。もう<取り返せない>のに<無くせない 失くしたくない>と思い続けている。やはり<僕>は、失恋した心が回復していく5ステップのうちの【拒絶】段階で、ずっと立ち止まってしまっているのでしょう。とはいえ、今さらできるのは期待の欠片を握り締めて<「また僕を好きになりますように」と願っているだけ>なのがまた、切ないですね…。
 
 恋人と別れたのに<手を繋ぐだけで鼓動が高鳴っていたあの頃>を諦められずに苦しんでいるというあなた。是非、reGretGirl「Shunari」に心を重ねながら聴いてみてください。ふたりの写真を何度も見返してしまう時間を、「そういえば…」と思い出スパイラルに陥ってしまう時間を、ほんの少しだけ音楽が救ってくれるかもしれません…!

◆紹介曲「Shunari」
作詞:平部雅洋
作曲:平部雅洋

◆2nd mini album『take』
2018年10月17日発売
NBPC-0059 ¥1,800(税抜)

<収録曲>
1. Shunari
2. replay
3. (L)ONLY
4. イズミフチュウ
5. よわむし
6. ピアス
7. 黒鳥山公園